桧原苑について

活動トピック


桧原苑では栄養士の栄養管理のもとにご利用者のお食事を提供しております。

うなぎ料理

2017.07.25

 今年の7月25日は土用の丑の日にあわせて
うな丼を提供しました。
 土用の丑の日にうなぎを食べる文化の由来
は、江戸時代にうなぎが売れなくて困った
うなぎ屋が平賀源内にアドバイスを求めた
ところにあるとされています。
 うなぎがヒットした背景には、当時「丑の
日」にちなんで“う”から始まる食べ物を
食べると夏負けしない」という風習があった
からとされています。

うめ

2017.06.07

6月といえば梅が旬になりました。桧原苑で
はご近所の方から頂いた梅を漬けておりま
す。こちらの写真はしそ入り梅干の梅としそ
を漬けているところでこれ以外にもう1つ、
梅ジュースを漬けているものがあります。
つける期間は大体1ヶ月、7月の終わりには
漬けあがっていると思うのでその時が来るの
が大変楽しみですね。

端午の節句祝い膳

2017.05.05

5月5日は端午の節句でした。
桧原苑では行事食として、柏餅を提供しまし
た。
柏の木は新芽が出て成長するまで葉が落ち
ないことから「子供が大きく成長するまで親は
死なない」といわれ、柏餅は縁起が良い食べ
物とされてきました。
桧原苑では柏餅のあんをひとつひとつ包ん
で手づくりしました。
きれいな形に作れなかったものもありました
が、皆さん美味しく召し上がっておられまし
た。


pagetop


活動トピック苑での1日健康管理年間行事